FGOストーリー振り返り 【1.5部新宿】内容と感想

FGO

1部に続き、1.5部もFGOのストーリー振り返りをしていきます。

まず今回は亜種特異点Ⅰ悪性隔絶魔境新宿の内容と感想です。

1部の内容はこちらからどうぞ⇒

新宿の内容

特異点の再発で1999年の新宿にレイシフトします。ここではマシュとダヴィンチがカルデアに残り、マスター1人で行きます。

内容①

いきなりマスターはバビロニアの時のように落下していきます。そこで新宿のアーチャーが助けてくれます。ここは魔術使い、魔獣、動く人形、雀蜂と呼ばれる軍人もどきがいることを教えてくれます。また新宿は壁で覆われていて、壁の外とは一切通信ができません。しかし、自分のサーヴァントとしての真名は弱点の露呈であり、この特異点では真名を明かすことが致命的だと言い、クラスのみを教えてくれました。

新宿のアーチャーは明らかにしない部分があり、信頼しきれませんが新宿の邪悪を放置してはいけないという意見は一致します。

現れた動く人形から国道に逃げると、そこは新宿のライダーの領域で、ライダーに襲われますが強敵です。するとアルトリアオルタが現れて、アルトリアオルタのバイクで一緒に逃げて、アルトリアオルタが拠点にしている場所へ向かいます。

内容②

アルトリアオルタから、新宿のアーチャー、新宿のライダーとあわせて人のサーヴァントが幻魔人同盟を組んで支配していることを聞きます。

一夜が明けて、アルトリアオルタと新宿のアーチャーと待ち合わせの新宿駅に向かいます。迷宮の新宿駅ですが合流することができました。そして一緒にアルトリアオルタの拠点に戻ります。また一夜明けると、電話が鳴りマスターが出ると相手はエドモンでした。

彼は、幻魔人同盟のエミヤが兵士を連れてジャンヌダルクオルタがねぐらにしている、新宿御苑に向かったことを教えてくれます。

アルトリアオルタ・新宿のアーチャーと向かうと、ジャンヌオルタはエミヤとの戦闘後でした。そしてアルトリアオルタと新宿のアーチャーよりましな戦いができるから私をサーヴァントにしないかと言ってきます。

サーヴァントが増えて、アルトリアオルタの拠点に戻ると、またエドモンから電話が来ました。エドモンは、「この魔境新宿では新宿駅がダンジョンになり、あらゆる建物は破壊しているが、唯一入れ替わったものがある。それは都庁がある場所に建つ奇妙な塔で、銃身だ。また同盟のリーダーである悪側の新宿のアーチャーの狙いは、地球を破壊するつもりで、タワーに挑戦するには幻魔人同盟のバーサーカ・アサシン・ライダー・エミヤをまず撃破しなければいけない」と告げます。

内容③

そしてマスターたちは、バーサーカ女帝クリスティーヌを倒しに行き撃破します。するとそこにエミヤオルタも来ます。連戦になるかと思いきや、呪腕のハサンがきてエミヤオルタは撤退します。しかしハサンは拠点に戻ると、マスターと2人で外に出て、新宿のアサシンの正体を現します。アルトリアオルタとジャンヌオルタは気づいていましたが、新宿ののアサシンはマスターを連れて逃げます。

そして新宿のアサシンによって、マスターは銃身バレルに連れてこられました。そこには新宿のアーチャーがいます。今まで一緒に行動していたのが善で、いまバレルにいるのが悪で別個体ということです。聖杯の力で善に焦がれていた心を引き裂いたと言います。

またバレルには捕まっているシェイクスピアもいました。マスターはシェイクスピアと話をしていると、エドモンが現れて助けてくれます。しかし彼は巌窟王ではなく、実は変装したシャーロックホームズでした。そしてホームズは今回の事件の犯人はモリアーティだと推理しているといいます。

そしてアルトリアオルタ・ジャンヌオルタ・善モリアーティと合流して、新宿のアサシンを倒す作戦を考えます。

内容④

マスターはアルトリアオルタ・ジャンヌオルタと共に変装して潜り込み、変化している新宿のアサシンをマスターの霊基を引き受けると言ってくれます。

ジャンヌオルタやホームズとモリアーティの作戦で、新宿のアヴェンジャーを倒すことができました。次は、バレルになっている銃身塔へマスターたちは向かいます。最上階まで進み、悪側のモリアーティと対面します。

内容⑤

悪のモリアーティに善のモリアーティ・アルトリアオルタ・ホームズで挑み勝ちます。しかしそこに、魔神バアルが現れて、凡人のマスターが人理焼却を防いだことへの憎悪でマスターを殺したいと言ってきます。またここまで一緒に行動してきた善のモリアーティが裏切り、ホームズを取り込んでしまいます。

新宿はあらゆる世界から切り離され、人理とは無関係になっていて、空想の街となった。そしてモリアーティとバアルはそれぞれの目的のために同盟を結んだ。バアルはマスターを倒すために、モリアーティはホームズを超えるために、とモリアーティは語ります。

するとエミヤオルタが現れて、自分が雇われたのは魔神柱を倒すためであるといいマスターに協力してくれます。エミヤオルタが魔神柱を倒しますが、新宿上空に隕石が出現します。

この隕石はモリアーティが死ぬことが確定した時点で転移して、射出準備に入るようになっていました。エミヤオルタとアルトリアオルタが隕石の破壊に挑戦します。また巌窟王とジャンヌオルタが来て、彼らは捕まっていたシェイクスピアを救出します。

シェイクスピアやアンデルセンの力で、聖杯の力を使うモリアーティに完全勝利し、隕石もアルトリアオルタとエミヤオルタの宝具で破壊・一掃させることができました。

新宿での事件を解決してマスターがレイシフトすると、ホームズもカルデアに来ていました。ホームズは、モリアーティに取り込まれたときにバアルのほかにまだ生き残った魔神柱が3体いる情報を得ていました。

感想

まず、オルタ化しているアルトリアとジャンヌのやりとりがおもしろかったです。そこにモリアーティの変な言葉遣いもありました。サーヴァントが善と悪に分かれた形や、オルタ化したアルトリア・ジャンヌ・エミヤと名前通り亜種特異点でした。

ジャンヌオルタが新宿のアヴェンジャーに1人で立ち向かい、そのあとマスターたちのところに新宿のアヴェンジャーが来たときは、ジャンヌオルタがやられたかと思いましたが、ホームズのアドバイスを聞いて生きててくれてよかったです。

モリアーティが結局裏切ったことと、最後にホームズがカルデアに来たことは驚きでした。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました