FGOストーリー振り返り 【1部序章冬木】 内容と感想

FGO

今回から2021年に6周年を迎えた、Fate/Ground Orderのストーリーの内容振り返りをしていきます。各章を1回ずつに分けて、第1回目の今回は、物語のはじめ1部序章・炎上汚染都市冬木の内容です。

冬木のストーリー内容

レイシフトによる予期せぬ形で転移して始まる、特異点F冬木です。主人公がデミサーヴァントになったマシュのマスターとして、英雄ではなくただの人間として星の行く末を見定める戦いが始まります。

内容①

主人公のマスターはカルデア赴任の初日、シミュレーターの後遺症によって廊下で寝てしまいました。それをマシュ・キリエライトが見つけてこの2人が出会いました。更にレフ・ライトという技術者も現れて挨拶をします。主人公はマスターとしてオルガマリー所長の説明を聞きに行きます。

しかし説明途中でも居眠りをしてしまい、厳しいオルガマリー所長によって会場を出されて自室に戻ります。すると業務をさぼっていた、医療チームのリーダーのロマニ・アーキマンがそれまで空室だったその部屋にいて2人は偶然会うことになります。

内容②

カルデアとは、人類史を長く存続させるために魔術・科学を合わせて研究者が集まった研究所かつ観測所です。そこで観測のために疑似天体カルデアスや未来観測レンズ・シバが作られました。

そしてカルデアスによると、2016年に人類が滅亡すると観測されて、過去には存在しなかったはずの特異点Fを発見してここの調査をしようとしていました。

オルガマリー所長が特異点調査のために集められたマスターたちに説明をしているとき、突然爆発事故が起きました。居眠りをして自室にいた主人公は緊急アナウンスを聞いて、廊下で会ったマシュのことが心配になり説明会場へ行きます。すると急にレイシフト・転移が起こり、瀕死のマシュと主人公、さらにオルガマリー所長の3人が特異点F・冬木に飛ばされました。結果、主人公はマシュのマスターとなり、所長と3人で冬木の探索を始めます。

内容③

しかしレイシフト先の冬木ではすでに異常な事態が発生していて、人間が消えてマスターがいないサーヴァントたちが聖杯戦争を続けていました。

そのかでも生き残っていて理性などもしっかりしている、クーフーリン(キャスター)がマシュの勇敢さをみて味方になってくれます。そして大聖杯を守護している、セイバー(アルトリアオルタ)を討伐しに向かいます。

このセイバーは聖剣エクスカリバーを持っていて、オルタ化したアルトリアペンドラゴンでした。クーフーリン(キャスター)の助けとマシュが宝具を使えたことで、セイバーオルタの宝具エクスカリバーを防ぎきり討伐と聖杯の確保に成功しました。しかしこれに伴ってクーフーリン(キャスター)も消滅しました。

内容④

このおめでたいところに現れたのがなんと、カルデアの技術者で爆発事故に巻き込まれて犠牲になったと思われていた、レフ教授でした。そして驚いたことに、カルデアでオルガマリー所長の足元に爆弾を仕掛けて爆発させたのは自分だと語ります。またレフは、人類を処理するために遣わされた2015年担当者だといいます。

オルガマリー所長にはマスター適性がなく、本来レイシフトができなかったのです。しかし爆発で肉体は死んでしまい、精神だけが残りそれが冬木にレイシフトしていたということでした。

レフはそんな所長を人理焼却後の炎に包まれたカルデアスに吸収させてしまいました。また冬木も主人公たちが聖杯を確保したことにより空間が安定しなくなり、レフは次の仕事があるといってどこかへ消えていきました。

内容⑤

主人公のマスターとマシュもなんとかレイシフトが間に合って、ドクターロマンがいるカルデアに戻ることができました。しかしカルデアはカルデアスによる磁場の影響で通常の時間軸からは切り離されました。逆にそのお陰で唯一、人理焼却から免れていました。

そして新しく出現した7つの特異点(人類のターニングポイント)を修復(歴史を正しいカタチに戻す)する必要があります。そのためにマスターとマシュは人理の定礎復元を任務としたグランドオーダーに挑んでいくことになりました。

ここまでが1部序章・冬木の内容です。主人公のマスターとマシュが人類の未来のために歴史と戦うグランドオーダーを始めるところです。

感想

改めて振り返ってストーリーを読むと、まずレフ教授にはとても驚きました。またオルガマリー所長はかわいそうでしたが、今後の代わりとしてドクターロマンが賢くてしっかりと役に立っていきそうです。クーフーリンはキャスターでもかっこよく、荒療治もあっておもしろポイントでした。

これから各章ごとに振り返りをしていくので、今後もよろしくお願いします。

もしまだFGOをダウンロードしていないという方はぜひダウンロードしてプレイしてみてください。App Storeはこちら Google Playはこちら からそれぞれダウンロードできます。

続きはこちら⇒

今回も読んで頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました